15.地山謙(ちざんけん):易占い六十四掛の意味

15.地山謙(ちざんけん):易占い六十四掛の意味

易占いの六十四掛のうち、坤(地)の掛である15番の「地山謙(ちざんけん)」の意味をお伝えします。

まず先に掛辞や象伝などの基礎を記載しますが、意味だけ知りたいという方は「意味」のところまで読み飛ばすかこちらをクリック(タップ)してください。

基礎知識としてオススメの記事

地山謙(ちざんけん)の基礎

地山謙(ちざんけん)の基礎

地山謙の基礎として、掛辞・象伝・爻位(掛)の3つを説明していきます。

これは易占いの基礎の構成です。他の掛でも同様に基礎として紹介しているので、気になる人はこちらから他の掛もチェックしてみてください。

掛辞

謙は、亨る。君子は、終り有りて吉
読み:けんは、とおる。くんしは、おわりありてきち

謙遜は誰からも好感を持たれるための秘訣である。謙遜することで、相手から受け入れられて要望が通りやすくなる。これを心がけることで終わりまで大きな失敗をすることはない」という意味があります。

いつもより長い大義になりましたが、謙遜の重要さを説く掛です。

傲慢な人は嫌われます。反対に、謙遜し自分の力量を知っている人は人に好感を持ってもらえます。すると、相手の心や態度が開くので要望が通りやすくなり、最終的に願いが叶いやすくなるのです。

象伝

地中に山が有るは、謙なり。君子以って多きより裒めへらし、寡きに益し、物を称り施しを平にす
読み:ちちゅうにやまがあるは、けんなり。くんしもっておおきよりあつめへらし、すくなきにまし、ものをはかりほどこしをたいらにす

象伝は「私利私欲を慎み道理にかなった行動・言動をするべき」という意味です。

非常に大義的に象伝についてはお伝えしていますが、大きく捉えるとこの意味になります。

山雷頤は口を通じて、飲食・言葉が与える影響について教えてくれています。それは最終的に、繁栄したりほどほどの生活を送ったりするには、私利私欲を抑え節度を守り、正しい道に進むことが重要だということを示しているのです。そのため、私が学んできた中では山雷頤の象伝についてはざっくりとそのような意味でお伝えしています。

各爻位

  • 初爻:謙虚であることに努めるなら、大きなことに取り組んでも吉です。
  • 二爻:謙虚さに満たされていて吉。謙虚な気持ちを忘れないこと。
  • 三爻:上司や自分の尊敬している人に尽くして、謙遜の気持ちを忘れない立派な状態です。多くの人があなたに付いていくでしょう。
  • 四爻:謙譲・謙遜の気持ちを十分に活かせば、何事も順調にいきます。
  • 五爻:豊かではなくても、謙譲・謙遜の気持ちがあるので周囲に人が集まってきます。従わない人や輪を乱す人に関しては、排除しても問題ありません。
  • 上爻:謙虚さに満たされているものの、あなたの実力不足で人に理解されません。自分のできる範囲で行動しましょう。

地山謙(ちざんけん)の意味

地山謙(ちざんけん)の意味

次は地山謙の意味を説明していきます。

大まかな意味

豊かで充実していることを示す掛です。人に分け与えるとさらに豊かになります。

強欲・欲張りはたちまち運気が悪化していきます。

謙虚さ・謙遜の気持ちを意識してください。この気持ちがとても重要です。

簡単な運勢

次に簡単な運勢の説明です。下記の一覧を参考にしてください。

願いごとやビジネス・仕事運・投資の運勢

  • 占的:謙虚であれば願いは叶います。
  • ビジネス:利益を追い求めすぎなければ順調に進みます。
  • 投資:価値は安いままです。将来的には上がります。
  • 就職:ご縁がありますが、謙虚であることを忘れないようにしてください。
  • 開業:良い時期ではありますが、謙虚・謙遜の気持ちを常に持ち続けましょう。
  • 転職:転職に良い時期です。慢心すると失敗しやすくなるので、謙虚さを意識してください。
  • 方角:東北、南西
  • 色:白、茶色

地山謙(ちざんけん)は謙虚さ・謙遜の気持ちを大切に

地山謙の時は、謙虚さや謙遜の気持ちがあることで願いが叶います。人間は性質上、謙虚な気持ちを忘れやすいです。しかし、だからこそ意識していないと相手の心を開き、良い関係を築くことはできません。人との繋がりが願いを叶えるのです。

今回は地山謙について簡単にお伝えしました。

簡単に、というのは、易占いはとても奥が深い占いだからです。中国の歴史の中で育まれてきた、統計学はプロでも日々勉強するほど難解で複雑です。しかし、大枠を知っておくことは、これから易占いを人生やビジネス・投資に活かすなら知っておいて損はありません。

他の掛についても興味があったら見てみてください。こちらから掛の意味を見ることができます

また、当たる占い師についてはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。また、易占いと風水の関係についてはこちらの記事で解説しています。