19.地沢臨(ちたくりん):易占い六十四掛の意味

19.地沢臨(ちたくりん):易占い六十四掛の意味

易占いの六十四掛のうち、坤(地)の掛である19番の「地沢臨(ちたくりん)」の意味をお伝えします。

まず先に掛辞や象伝などの基礎を記載しますが、意味だけ知りたいという方は「意味」のところまで読み飛ばすかこちらをクリック(タップ)してください。

基礎知識としてオススメの記事

地沢臨(ちたくりん)の基礎

地沢臨(ちたくりん)の基礎

地沢臨の基礎として、掛辞・象伝・爻位(掛)の3つを説明していきます。

これは易占いの基礎の構成です。他の掛でも同様に基礎として紹介しているので、気になる人はこちらから他の掛もチェックしてみてください。

掛辞

臨は、元いに亨る。貞しきに利ろし。八月に至りて凶有らん
読み:りんは、おおいにとおる。ただしきによろし。はちがつにいたりてきょうあらん

良い関係・相乗効果でより良くなり、繁栄していく。しかし、栄えたものは衰退していくことを忘れずに、気を引き締めておくこと」という意味があります。

人との関係性を良くしたり、仕事や人生など関わっていくモノゴトの相乗効果でどんどん良い方向に進んでいきます。

しかし、気を引き締めていなければ衰退しやすい時でもあります。その点を意識していましょう。

象伝

沢の上に地が有るは、臨なり。君子以って衆を教道すること竆り无く、民を容保すること、畺り无し
読み:さわのうえにちがあるは、りんなり。くんしもってしゅうをきょうどうすることかぎりなく、たみをようほすること、かぎりなし

象伝は「徳のある教え方・接し方をすること。そして相手を受け入れること」という意味です。

「徳」というと非常に宗教感が出ますが、ここでは「徳=普遍的な良いこと」と考えてください。

例えば、上から目線で人に教えても相手は理解できませんし、あなたを受け入れることはありません。良い関係を築いていくことができないです。しかし、相手を受け入れて尊重しながら教えることは、相手のためになり、いずれは自分のためになります。

後者のやり方は、いわゆる普遍的に「良い」とされていることです。このように、教えに限らず、すべてのことで徳を意識することが、今をより良くするには大切なのです。

各爻位

  • 初爻:感動させることを使って相手と接すること。正しい道にいれば吉です。
  • 二爻:感動させることを使って相手と接すること。何事も順調に進みます。
  • 三爻:相手に気に入ってもらえるように行動してしまいがちです。そのような時に良いことはないため、反省して改めれば問題ありません。
  • 四爻:誠意をもって取り組みましょう。問題ありません。
  • 五爻:智恵を使いましょう。そうすれば問題なく事が進みます。
  • 上爻:手厚い態度で居ると良いです。運気的にも吉。問題ありません。

地沢臨(ちたくりん)の意味

地沢臨(ちたくりん)の意味

次は地沢臨の意味を説明していきます。

大まかな意味

人との関係を良くすることに意識を向けていると良い時。どんどん状況や人生が良くなっていきます。徳のある行動があなたのためになります。

ただ、気を抜いたり適当にしたりすると衰退しやすい時でもあるので注意が必要です。慢心することなく、感謝や喜びの心を忘れないようにしてください。

簡単な運勢

次に簡単な運勢の説明です。下記の一覧を参考にしてください。

願いごとやビジネス・仕事運・投資の運勢

  • 占的:願いは叶います。
  • ビジネス:順調に進んで利益もあります。相手と円満な関係を築いたりや交渉をしたりすると良いです。
  • 投資:活気があって高値が期待できそうです。
  • 就職:ご縁があります。望む会社に就職しやすい時です。
  • 開業:今は開業に良い時期です。
  • 転職:転職先とご縁があります。
  • 方角:西、南西
  • 色:黄色、茶色

地沢臨(ちたくりん)は節度・私利私欲に対して意識を

地沢臨の時は、養うということについて注目されがちですが養うにはそれ相応の行動が必要になります。正しい行動・言動をするためには、節度を守り私利私欲に対して行き過ぎないようにすることが大切です。そのことに意識を向けてみてください。

地天泰を含め、易占いはとても奥が深い占いです。中国の歴史の中で育まれてきた、統計学とも言える易経は多くのビジネスパーソンや経営者・投資家・偉人に指示され、活用されています。

もし、この記事や当サイトを見て少しでも易占いを人生やビジネス・投資に活かしてみたいと思ったらプロの易占い師に見てもらうことをお勧めします。かじった程度の占い師や勉強を始めたばかりの人よりも、経験が豊富な占い師の方が確実性が高いからです。

当たる占い師についてはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。また、易占いと風水の関係についてはこちらの記事で解説しています。