7.地水師(ちすいし):易占い六十四掛の意味

7.地水師(ちすいし):易占い六十四掛の意味

易占いの六十四掛のうち、坤(地)の掛である7番の「地水師(ちすいし)」の意味をお伝えします。

まず先に掛辞や象伝などの基礎を記載しますが、意味だけ知りたいという方は「意味」のところまで読み飛ばすかこちらをクリック(タップ)してください。

基礎知識としてオススメの記事

地水師(ちすいし)の基礎

地水師(ちすいし)の基礎

地水師の基礎として、掛辞・象伝・爻位(掛)の3つを説明していきます。

これは易占いの基礎の構成です。他の掛でも同様に基礎として紹介しているので、気になる人はこちらから他の掛もチェックしてみてください。

掛辞

師は、貞しかるべし。大人を用いれば吉咎无し
しは、ただしかるべし。たいじんをもちいればきち。とがなし

相手が話してわからないような相手なら戦わなくてはいけない。有能な人材や司令塔が必要。勝ち目のない戦いは凶」という意味があります。

戦うことや争うことは無駄に消耗しますが、話してわからない相手の場合はそうも言っていられません。どうしても戦わなくてはいけない場面は出てきます。

そのような時にこそ有能な人材や司令塔が必要なのです。

しかし、勝ち目のない戦いはどのような人が対応しても意味のないものになってしまうため、できるだけ避けるのが無難です。戦ったとしても凶になります。

象伝

地中に水が有るは、師なり。君子以って民を容れ畜う
読み:ちちゅうにみずがあるは、しなり。くんしもってたみをいれあつめやしなう

象伝は「寛大さと厳しさのバランスを取りながら統率を取ること。疲弊させてはいけない」という意味です。

非常に大義的になので、詳しくはプロの易占い師などに聞くか占ってもらった時に出たら説明を受けてみてください。

会社やチームで物事をする時に、統率を取るのは厳しくても寛大すぎてもいけません。バランスを取りながら、人の心を掴むのが良いとされています。その中で、様々なことを教えたり気付かされたりするのです。

また、人を無駄に疲弊させることは非常に無駄なことです。人が離れていってしまいます。そのようにならないためにも、緩急をつけることが大切です。

各爻位

  • 初爻:厳しい規律をもって統制すること。そうでなければ一時的に良くても、最終的に凶となります。
  • 二爻:有能な司令塔がいるので問題はありません。上の人から度々褒美をもらうことになるでしょう。
  • 三爻:有能な司令塔がいなくなります。運勢的に凶です。
  • 四爻:勝ち目がありません。程々のタイミングで引き時をわきまえて、災難から逃れましょう。
  • 五爻:自分の領域を荒らす人がやってきますが、戦って勝ち取ります。有能な人材がいればなお良いです。無能な人がいるとそこからどんどん悪くなっていって凶になります。
  • 上爻:頑張った人を褒めたり功労したりすると良いです。ただ、ろくでもない人や人間性が良くない人は何か良いことをしたとしても雇用したり功労したりしない方が良いでしょう。

地水師(ちすいし)の意味

地水師(ちすいし)の意味

次は地水師の意味を説明していきます。

大まかな意味

争いが多くなりそうな掛です。周囲を味方につけたり、協力・協調したりするのが良い時ではありますが、負け戦は運気を低迷させて凶になってしまうので避けましょう。

良い統率者や指揮者・司令塔がいると良いです。

また、ビジネスでは起業や経営する側になることを暗示する掛でもあります。

簡単な運勢

次に簡単な運勢の説明です。下記の一覧を参考にしてください。

願いごとやビジネス・仕事運・投資の運勢

  • 占的:困難が多く、すぐには叶いません。忍耐と努力次第でいずれ叶います。
  • ビジネス:困難が多いです。急いではいけません。タイミングを見て動くことで利益を得ることができるでしょう。
  • 投資:価値が混迷して波乱の相場になっていくでしょう。
  • 就職:ご縁はほぼほぼないです。
  • 開業:開業すると危ないです。見合わせた方が無難です。
  • 転職:見合わせましょう。ご縁がありません。
  • 方角:北、東北
  • 色:ピンク、白

地水師(ちすいし)の時は困難が多い時。負け戦はしないこと

地水師の時は、困難が多くトラブルが続きそうな時です。戦わずにはいられないことも増えます。しかし、負け戦だけは挑まないようにしてください。自分も周囲も無駄に疲弊して運気が低迷していきます。

また、この掛が出たときはできるだけ新しいことは避けて、暫くは様子見をした方が良い時です。

今回説明した地水師を含め、易占いはとても奥が深い占いです。長い歴史があり信頼性の高い易経は、多くのビジネスパーソンや経営者・投資家・偉人に支持されているだけではなく、実際に活用されています。

もし、この記事や当サイトを見て易占いを人生やビジネス・投資に活かしたいと思ったら易占い師に見てもらうことをお勧めします。

当たる占い師についてはこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。また、易占いと風水の関係についてはこちらの記事で解説しています。