6.天水訟(てんすいしょう):易占い六十四掛の意味

6.天水訟(てんすいしょう):易占い六十四掛の意味

今回は易占いの六十四掛のうちの6番目の掛、「天水訟(てんすいしょう)」の意味をお伝えします。

まず先に掛辞や象伝などの基礎を記載しますが、意味だけ知りたいという方は「意味」のところまで読み飛ばすかこちらをクリック(タップ)してください。

基礎知識としてオススメの記事

天水訟(てんすいしょう)の基礎

天水訟の基礎

どのような易の結果も掛辞・象伝・爻位(掛)の3つから成り立ちます。もちろん天水訟も例外ではありません。

まずは天水訟の基礎としてそれぞれを簡単に説明していきます。

掛辞

訟は孚有れども窒げられる。惕れて中すれば吉。終えれば凶。大人を見るに利ろし。大川を渉るに利ろしからず
読み:しょうはまことあれどもふさげられる。おそれてちゅうすればきち。おえればきょう。たいじんをみるによろし。たいせんをわたるによろしからず。

少し長いのですが、「自分が正しくても感情的になって自分の要求を通せば通そうとするほど状況は悪化し、最終的にそこにいられなくなるため、ほどほどで間を取っておくと良い」と言う意味です。

間を取るというのは中々難しいですが、冷静になってお互いが妥協できる範疇を見つけていきましょう。

象伝

天与水が違い行くは訟なり。君子以って事を作すには始めを謀るべし
読み:てんとみずがちがいゆくはしょうなり。くんしもってことをなすにははじめをはかるべし。

この象伝には「争いは行き違いが原因となるため、あらゆる事態を想定して物事を始めること」という意味があります。確かに、トラブルなどは気持ちや仕事・伝達の行き違いで起こることがほとんどです。

仕事であれ投資であれ、恋愛や人生でも、何かする時は想定されるトラブル・エラー・出来事を考えてから動くことで、ミスは少なくなりますよね。この掛が出たらそのことを意識すると良いかもしれません。

各爻位

  • 初爻:争いごとは長引かせないこと。困難であっても最終的には良くなります。
  • 二爻:勝ち目がない時。黙って過ごしましょう。
  • 三爻:自分の領域を守ることに徹する時。拡げるのは良くありません。公共事業などで大成する可能性がありますが、自分の成果だと驕り高ぶらないようにしてください。
  • 四爻:勝てません。従いましょう。態度を改めて正しい道を歩むのが吉です。
  • 五爻:正しければ勝てます。
  • 上爻:強引に勝ち取った物事は長く続きません。むしろトラブルの元になります。

天水訟(てんすいしょう)の意味

天水訟の意味

天水訟は言葉から見て取れるように「争い」「訴訟」などが関連している掛です。無理して動いたり、強引に物事を進めると状況はより悪化していきます。

では天水訟の意味を見ていきましょう。

大まかな意味

先述した通り、争いごとでトラブルがある掛です。協調や同調・話し合いなどで中庸をいきましょう。(折り合いをつける)

自分の意見や意志を通そうと躍起になると悪化するか負けますし、職場などでは居られる状況ではなくなります。どうしても感情的になってしまったり、難しい状況であれば、出来るだけ専門家やプロ・信頼できる人に相談しましょう。

簡単な運勢

次に運勢を見る人もいると思うので、簡単な運勢をお伝えしていきます。

願いごとやビジネス・仕事運・投資の運勢

  • 占的:叶いません。
  • ビジネス:手違いがあってトラブルがあります。予め事態を予測して動きましょう。
  • 投資:混迷する時期なので手堅く行くと良いです。まだ投資していないならしない方が吉。
  • 就職:ご縁がない状況が続きます。
  • 開業:時期ではないので暫くは待ちましょう。
  • 転職:うまく行かない時期です。
  • 方角:北、西北
  • 色:白

天水訟(てんすいしょう)の時は冷静になって間を取ること

天水訟が出ると、争いごとのイメージが本当に強いです。書いてある内容も争いのことばかりで、客観的になることや冷静になること、間を取る大切さを感じます。一度深呼吸をして、周囲を見渡してると良いのかもしれません。

この記事では易占いの天水訟について解説しましたが、私が学んできたことを大まかな意味にしてお伝えしているので本格的な内容ではありません。

人生やビジネス・投資などで成功したいと思ったら、ぜひプロに占ってもらってみてください。具体的なアドバイスをもらえるはずです。

関連のおすすめ記事