25.天雷无妄:易占い六十四掛の意味

25.天雷无妄:易占い六十四掛の意味

今回は易占いの六十四掛のうちの25番目の掛、「天雷无妄(てんらいむぼう)」の意味をお伝えします。

まず先に掛辞や象伝などの基礎を記載しますが、意味だけ知りたいという方は「意味」のところまで読み飛ばすかこちらをクリック(タップ)してください。

基礎知識としてオススメの記事

天雷无妄(てんらいむぼう)の基礎

天雷无妄(てんらいむぼう)の基礎

易は掛辞・象伝・爻位(掛)から成り立ちます。それぞれの意味を知ると、願いごとに対してのアドバイスを見ることができます。しかし、易占いに馴染みがないと分かりにくいというのが正直なところではないでしょうか。

そのため、この項目ではその3つを基礎としてお伝えします。

掛辞

无妄は元いに亨る。貞きに利ろし。其れ正しきに匪ざれば眚い有り。往く攸有るに利ろしからず
読み:むぼうはおおいにとおる。ただしきによろし。それただしきにあらざればわざわいあり。ゆくところあるによろしからず。

易占いの考え方は人に影響を与えるのは、人の行動の他に自然摂理(陰陽など)があります。この掛は人間の意志で行動するのではなく、自然の摂理(天の理)に従うことで開運していきます。

意味としては「真心があれば願いは叶う。正しくなければ禍いがあるため、常に良くあること」。真心がある行動こそが重要で、無理をしたり猜疑心や損得勘定など偏った思考・行動はいけないと教えてくれています。

象伝

天の下に雷行くは无妄なり、先王以って茂に時に対して万物を育せり
読み:てんのしたにかみなりゆくはむぼうなり。せんおうもってさかんにときにたいしてばんぶつをいくせり。

真心が伴う行動は、創造性があり、物事を育てていく」という意味があります。例えば、真心で仕事をすれば事業が反映し、経営は安定するといった具合です。

各爻位

  • 初爻:流れに任せましょう。無心であると良いです。
  • 二爻:得(利益など)は求めずに、成り行きに任せましょう。それがうまくいく時期です。
  • 三爻:災難に巻き込まれやすいため、出来るだけ関係を持たない方が良いです。
  • 四爻:現状維持で行きましょう。正しくあるようにしてください。
  • 五爻:放置することで問題が解決するタイミングです。慌てないでいてください。
  • 上爻:人の意見を素直に取り入れましょう。思い違いが起きているため、前に進むと禍いがあります。

天雷无妄(てんらいむぼう)の意味

天雷无妄(てんらいむぼう)の意味

天雷无妄は自然の流れ・摂理や真心といった、中国思想が大切にしている部分が色濃く反映されています。

大まかな意味

動機が不純だとあまり良い結果になりませんし、禍いが起こる可能性があります。しかし、良いことであれば正しい道で進むことで成功します。

積極的に動かず、じっと自然の成り行きに任せるようにしていると良いです。

簡単な運勢

次に運勢を見る人もいると思うので、簡単な運勢をお伝えしていきます。

願いごとやビジネス・仕事運・投資の運勢

  • 占的:自然の流れに任せればなんとかなります。
  • ビジネス:自分の利益だけのためのビジネスはNGです。
  • 投資:高騰する兆しはありますが、弾けたらとにかく暴落の一途です。
  • 就職:無理しないで進めましょう。
  • 開業:公共事業や精神系のビジネスは良いです。利己的になると良くないので気をつけてください。
  • 転職:無理をせず状況を見ながら進めると良いです。
  • 方角:東、西北
  • 色:青・白

天雷无妄(てんらいむぼう)の時は真心と自然の流れを意識

天雷无妄が出たら、真心と自然の流れを意識して行動するようにしましょう。利己的な判断はせず、いわゆる一般的な「正しさ」が大切な時期となります。客観的かつ流れに身をまかせるスタイルがベストかもしれません。

このように説明してきましたが、これは私が趣味で学んできたことを大まかな意味にしてお伝えしただけです。

もしビジネスや投資・人生などに易占いを活かすなら、経験豊富で知識レベルの高いプロに占ってもらうことをお勧めします。

関連のおすすめ記事