43.沢天夬(たくてんかい):易占い六十四掛の意味

43.沢天夬(たくてんかい):易占い六十四掛の意味

易占いの六十四掛のうち、兌(沢)の掛である43番の「沢天夬(たくてんかい)」の意味をお伝えします。

まず先に掛辞や象伝などの基礎を記載しますが、意味だけ知りたいという方は「意味」のところまで読み飛ばすかこちらをクリック(タップ)してください。

基礎知識としてオススメの記事

沢天夬(たくてんかい)の基礎

沢天夬(たくてんかい)の基礎

易は掛辞・象伝・爻位(掛)から成り立つため、どのような掛もそれぞれの意味を知ることによってメッセージを得ることが可能です。それは沢天夬も同様です。

この項目では沢天夬の掛辞・象伝・爻位(掛)を基礎としてお伝えします。

掛辞

夬は王庭に揚げよ。孚に号ぶ厲きこと有り。告ぐること邑よりすとも、戎に即くに利ろしからず。往く攸有るに利ろし
読み:かいはおうていにあげよ。まことにさけぶあやうきことあり。つぐることゆうよりすとも、じゅうにつくによろしからず。ゆくところあるによろし

原因となっているモノゴトをなくすなら、その理由を明確にして上の人に報告しましょう。同じ気持ちの仲間と一致団結して取り組むことで成功しますが、それができないと原因は悪化して自分の立場まで危うくなる可能性があります。という意味ですが、一言で言うなら「やるなら仲間と徹底的にやらないと最悪の事態になり兼ねない」と捉えても良いです。

象伝

沢が天の上に於るは夬なり。君子以って禄を施して下に及す。徳に居れば則ち忌るる
読み:さわがてんのうえにあるはかいなり。くんしもってろくをほどこしてしたにおよぼす。とくにおごりいればすなわちいみにくまるる

運気が悪くなっていて、予想できる以上の災難が迫っていることを示しています。私利私欲に走るのはNGです。正しい道(ここでは道徳的という意味に近いです)に進み、慎重に行動しましょう。

各爻位

  • 初爻:気持ちは高らかで威勢が良い状態です。しかし前進すると大きな失敗に繋がります。
  • 二爻:トラブルが起きても心配することはありませんが、慎重になりましょう。
  • 三爻:思い切って行動する時。ただし迷いや感情が顔に出るようなら失敗に繋がります。
  • 四爻:痛い思いをします。そのせいで身動きが取れなくなります。従順に従っていればそのようなことは起きませんが、この忠告を聞いても耳に入れない状態にあるでしょう。
  • 五爻:やるなら徹底的にしてください。中間でいることに徹すれば問題ありません。
  • 上爻:泣いて喚いてもどうにもならない状況です。どう足掻いても凶と出ます。

沢天夬(たくてんかい)の意味

沢天夬(たくてんかい)の意味

沢天夬は総合的に見ても「凶」の掛です。しかし、場合によっては仲間と協力して徹底的に行動することで解決する場合もあります。それについて説明していきます。

大まかな意味

沢天夬は、自分しか見えてないので孤立した状況や逃げられない辛い状態の可能性の示唆など、最悪の事態を意味する掛です。行動するなら徹底的にしないと状況は悪化していきます。仲間協力し、正しい道を進むことが解決の鍵です。

今は間が悪い状況のため、仕事やビジネス・投資や恋愛などに関しても待って状況をやり過ごしましょう。

簡単な運勢

次に簡単な運勢の説明です。下記の一覧を参考にしてください。

願いごとやビジネス・仕事運・投資の運勢

  • 占的:願いは叶いません。
  • ビジネス:大損失の可能性があります。今は動かないでいるべきです。
  • 投資:投資しても暴落ないしは大暴落して損失に繋がります。
  • 就職:ご縁がありません。
  • 開業:開業は見合わせた方が吉です。
  • 転職:慎重になって転職先を探してください。
  • 方角:西、西北
  • 色:黄色

沢天夬(たくてんかい)の時は辛く厳しい状況

沢天夬は先述した通り凶を示す掛です。人の世の中や人生は常に変化していますが、この掛が出た時は良きにせよ悪きにせよ状況が大きく変わっていきます。ただその遷移に伴って辛く厳しい状況があなたを襲います。

それに対処する方法は、徹底的に行うことや仲間と進むことでもありますが、ここで解説してきたことだけでは解決に至らない可能性も高いです。できれば、自分で占ったり内容を確認したりするだけではなくプロの占い師にみてもらってアドバイスをもらうことをおすすめします。

関連のおすすめ記事