28.沢風大過(たくふうたいか):易占い六十四掛の意味

28.沢風大過(たくふうたいか):易占い六十四掛の意味

易占いの六十四掛のうち、兌(沢)の掛である28番の「沢風大過(たくふうたいか)」の意味をお伝えします。

まず先に掛辞や象伝などの基礎を記載しますが、意味だけ知りたいという方は「意味」のところまで読み飛ばすかこちらをクリック(タップ)してください。

基礎知識としてオススメの記事

沢風大過(たくふうたいか)の基礎

沢風大過(たくふうたいか)の基礎

それでは沢風大過の基礎情報についてお伝えしていきます。ここで言う基礎は成り立ちなど難しい話しを抜いて、易を構成する掛辞・象伝・爻位(掛)について簡単に解説したものになります。

非常にざっくりとした輪郭程度・大義となるため、詳しく知りたい場合は易占いのプロにみてもらったり、自分で学んだりしていただければと思います。

掛辞

大過なれば、棟橈めり。往く攸有るに利ろし
読み:たいかなれば、むなぎたわめり。ゆくところあるによろし

過分過ぎれば失敗するが、身の程にあった手段を使えば成功する」と言う意味があります。身の丈にあった行動が大切な時です。

プレッシャーや過度な期待・理想などそのようなものに耐えられない状態でもあるので、無理をしないようにしていきましょう。

象伝

沢が木を滅っするは、大過なり。君子以って独立して而して懼れず、世を遯れても悶ること无かるべし
読み:さわがきをめっするは、たいかなり。くんしもってどくりつしてしこうしておそれず、よをのがれてもいきどおることなかるべし

「大きな物事にせよ小さな事にせよ何かを成し遂げるなら、お金や権力・名声や世の中・流行などの様々な欲に流されず・求めず身の程をわきまえて進んでいく必要がある」と言う意味があります。身の丈を知り堅実に物事を進めていくことの大切さを伝えてくれているのです。

各爻位

  • 初爻:慎みや慎重さを持って行動すれば最終的には願いが叶います。
  • 二爻:少し下がっていた状況から再び上に向かって行って栄えることができます。
  • 三爻:重圧に耐えられない状況です。運気的には凶。
  • 四爻:運気的に吉です。物事に集中していれば良いですが、他のことに気を取られていると恥をかく可能性があります。
  • 五爻:運気が下がっていたところに良いものがやってきますがそれで運気が上がるわけではありません。
  • 上爻:志は高い状態ですが、失敗してしまいます。ただ、それに対して誰かから責められることはありません。

沢風大過(たくふうたいか)の意味

沢風大過(たくふうたいか)の意味

では次に沢風大過の意味について説明していきます。大まかな意味と占いごと(占的)の運勢をぞれぞれお伝えしていくので、自分で占った時などの参考にしてみてください。

大まかな意味

安定感がなくアンバランスな状況で、耐えられないような重荷に感じることがありそうです。身の程を知り、過分にならずに前に進むことで最終的に願い事は叶いやすくなります

落ち着いて客観的になることが大切です。

簡単な運勢

次に簡単な運勢の説明です。下記の一覧を参考にしてください。

願いごとやビジネス・仕事運・投資の運勢

  • 占的:そこそこ願い事は叶いますが、身に余る願いは(高望みすると)叶いません。
  • ビジネス:力量不足です。失敗する可能性があります。
  • 投資:良いと思って投資してもすぐ失敗(下落)するでしょう。
  • 就職:分相応の就職先なら成功します。
  • 開業:無理をしたり高望みしたりして開業してはいけません。分相応程度に開業しましょう。
  • 転職:無理しないように転職活動するのが良いです。
  • 方角:西、東南
  • 色:黄色、白

沢風大過(たくふうたいか)の時は堅実さと分相応であることが鍵

自分で占ったり無料の占いをしたりした時に沢風大過が出たら、堅実であることと分相応であることが成功に繋がることを教えてくれています。客観的に自分の力量を知り、欲に流されず進んでいきましょう。

この記事では易占いの沢風大過について解説してきました。ここで紹介した内容は、私が好きで学んできたことを初心者や易占いを始めたばかりの人にわかりやすくまとめたのみです。

もし具体的な意味やアドバイスが欲しいと思ったら、プロの占い師にみてもらうことをお勧めします。

関連のおすすめ記事