41.山沢損(さんたくそん):易占い六十四掛の意味

41.山沢損(さんたくそん):易占い六十四掛の意味

易占いの六十四掛のうち、艮(山)の掛である41番の「山沢損(さんたくそん)」の意味をお伝えします。

まず先に掛辞や象伝などの基礎を記載しますが、意味だけ知りたいという方は「意味」のところまで読み飛ばすかこちらをクリック(タップ)してください。

基礎知識としてオススメの記事

山沢損(さんたくそん)の基礎

山沢損(さんたくそん)の基礎

山沢損の基礎として、掛辞・象伝・爻位(掛)の3つを説明していきます。

これは易占いの基礎の構成です。他の掛でも同様に基礎として紹介しているので、気になる人はこちらから他の掛もチェックしてみてください。

掛辞

損は、孚有れば元吉なり。咎无し。貞しくす可し。往く攸有るに利ろし。曷をか之用いん。二簋に用いて亨つる可し
読み:そんは、まことあればげんきちなり。とがなし。ただしくすべし。ゆくところあるによろし。なにをかこれもちいん。にきにもちいてすすめめつるべし

全体を見て減らすべきところは減らす時。自分のためは元より人のために自分の持っているものを減らすと、将来に良い」という意味があります。

損と書いてあると悪いイメージがありますが、ここでは「減らす」という意味を持ちます。自分が持っているものを人のために還元するというイメージに近いです。例えば、寄付やリサイクル・フリーマーケットなどです。

象伝

山の下に沢が有るは、損なり。君子以って忿を懲らし欲を窒ぐべし
読み:やまのしたにさわがあるは、そんなり。くんしもっていかりをこらしよくをふさぐべし

象伝は「怒りや欲をコントロールして、人格を高める時」という意味です。

怒りや欲は人間の持つ感情の中でも大きく、減らすべきものとされています。山沢損の時はこの怒りや欲をコントロールして、人格・人徳を高めるべき時だと教えてくれているのです。

各爻位

  • 初爻:自分の仕事を投げ出したくなる時。投げ出しても良いですが、すぐに人を助けられるようにしましょう。状況を把握して程々に尽くしてください。
  • 二爻:自分の道を守ること。積極的に行くと運勢的に凶です。突き放すことでその人のためにもなります。
  • 三爻:3人で進むと1人が仲間はずれになるでしょう。1人で進めば協力者が現れます。
  • 四爻:素早く問題の根源を突き止めて対処すれば、非常に良くなります。災難にも遭いません。
  • 五爻:棚から牡丹餅。思いもよらないところで良い事がありそうです。運勢的に大吉。
  • 上爻:無理をせずに進んで人を助けると良いです。

山沢損(さんたくそん)の意味

山沢損(さんたくそん)の意味

次は山沢損の意味を説明していきます。

ここで説明していく意味とは、全体を通した大まかな意味と占いゴト(占的)の運勢についての解説です。大義でお伝えするので、自分で占った時などに役立ててください。

大まかな意味

損失や出費がありますが、最終的に自分の利益になってかえってきます。大きく捉えるなら、きたる損失は未来への投資みたいなイメージです。

欲や怒りをコントロールし、譲る・負ける・争いを避けるといった行動が良い方向に進むための鍵になります。

簡単な運勢

次に簡単な運勢の説明です。下記の一覧を参考にしてください。

願いごとやビジネス・仕事運・投資の運勢

  • 占的:今は叶いません。いずれ願いが叶います。
  • ビジネス:今は損益になりやすいです。しかしいずれその分も取り返せます。
  • 投資:暫く価値が安いままですが、いずれ価値が上がります。
  • 就職:今はご縁がありません。
  • 開業:どのみち開業することになります。開業して最初は損失が多いですが、暫くすれば利益が増えます。
  • 転職:無理に進めない方が良いです。
  • 方角:西、東北
  • 色:黄色、白

山沢損(さんたくそん)の時は未来のために減らすべき時

山沢損の時は、未来のために減らすべき時です。取捨選択をして、未来への投資と考えましょう。

山沢損についてより詳しく知りたい場合は、プロのアドバイスが参考になります。易経は歴史が長く、統計学として成り立つほど完成された占いです。そのためとても奥が深く人生やビジネス・投資などに易経を活かすなら、いちから全てを学ぶのではなくプロに見てもらった方が効率的です。

当たる易占い師はこちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。