62.雷山小過(らいざんしょうか):易占い六十四掛の意味

62.雷山小過(らいざんしょうか):易占い六十四掛の意味

今回は易占いの六十四掛のうち、震(雷)の掛である62番の「雷山小過(らいざんしょうか)」の意味をお伝えします。

まず先に掛辞や象伝などの基礎を記載しますが、意味だけ知りたいという方は「意味」のところまで読み飛ばすかこちらをクリック(タップ)してください。

基礎知識としてオススメの記事

雷山小過(らいざんしょうか)の基礎

雷山小過(らいざんしょうか)の基礎

雷山小過の基礎は、掛辞・象伝・爻位(掛)の3つについてそれぞれ簡単に説明していきます。

掛辞・象伝・爻位(掛)の3つは易を見るときの基本です。他の掛でも同様に基礎として紹介しているので、気になる人はこちらから他の掛もチェックしてみてください。

掛辞

小過は、亨る。貞しきに利ろし。小事には可なり。大事には不可なり。飛鳥之が音を遺す。上るに宜しからず。下るに宜し。大吉なり
読み:しょうかは、とおる。ただしきによろし。しょうじにはかなり。だいじにはふかなり。とぶとりこれがおとをのこす。のぼるによろしからず。くだるによろし。だいきちなり

雷山小過の掛辞には「軽率に物事を進めず慎重になるべき。人徳を磨くとき」という意味があります。

その名に「小過」と付いているように、やり過ぎずほどほどにすることが大切な時です。そのためには、軽率に物事を進めるよりも慎重になって行動する方が理に適っています。

また、傲慢であったり不遜であったりすると特に失敗しやすい時期です。礼節を大切にして、謙遜など基本的な人徳を大切にするようにしましょう。

象伝

山の上に雷が有るは、小過なり。君子以って行いは恭しきに過ごし。喪は哀しきに過ごし。用は倹に過ごすべし
読み:やまのうえにかみなりがあるは、しょうかなり。くんしもっておこないはうやうやしきにすごし。ようはかなしきにすごし。ようはけんにすごすべし

今は少しやり過ぎるのが良い時。大事には手を付けないでおくべき」という意味です。

少しやり過ぎるというのは、例えば「少し節約し過ぎる」「少し頑張り過ぎる」「少し悲しみ過ぎる」という感じです。それ以上にならないようにするのが良い時です。

過大にならず、「ちょっと○○過ぎる」を心がけてみてください。度が過ぎると失敗するので、ほどほどが重要です。

各爻位

  • 初爻:飛躍したい・飛翔したいという欲で前に進んでしまっている状況。運勢的に凶です。
  • 二爻:トップの人ではなく2番手の人と話すことが多くなります。大人しくしていましょう。
  • 三爻:運勢的に凶です。
  • 四爻:大人しくしていれば問題ありませんが、トラブルや悪い人に真っ向に対立すると状況が悪くなります。
  • 五爻:トラブルが迫って来そうな気配がしてもまだ来ません。その間に良い人材を見つけることができます。
  • 上爻:やり過ぎて人災となります。運勢的に凶です。

雷山小過(らいざんしょうか)の意味

雷山小過(らいざんしょうか)の意味

次は雷山小過の意味を説明していきます。

ここで説明していく意味とは、全体を通した大まかな意味と占いゴト(占的)の運勢についての解説です。大義でお伝えするので、自分で占った時などに役立ててください。

大まかな意味

実力が伴わない状況なので、大きな挑戦はしないこと。忙し過ぎるのも良くないです。とにかく、「度が過ぎる」とどのようなことでも失敗しやすいです。「少し過ぎる」程度で打ちとめましょう。

また、相手の意見を聞いたり、礼節を守り謙虚であったりすることがベストです。

簡単な運勢

次に簡単な運勢の説明です。下記の一覧を参考にしてください。

願いごとやビジネス・仕事運・投資の運勢

  • 占的:小さなものは叶いますが、大きな願いは叶いません。
  • ビジネス:大きく望むと失敗します。ほどほどにして利益になります。
  • 投資:価値が上下しやすい時期になります。
  • 就職:ご縁がありません。今は見送りましょう
  • 開業:時期を待った方が良いです。
  • 転職:今はご縁がありません。時期を見て転職しましょう。
  • 方角:東、東北
  • 色:赤、白

雷山小過(らいざんしょうか)の時は少し過ぎるくらいにする

雷山小過の時は、人徳を磨きながら物事に対しては少し頑張る程度を意識しましょう。やり過ぎは失敗の元となるため、ほどほどが良いときです。

今回は雷山小過の意味をお伝えしました。

ただ、毎回最後にお話ししている通り、私が趣味で学んだ範囲でしかお伝えしていません。易経はとても奥が深く、易が初めての人が全てを把握しようとするととても時間がかかります。

そのため、人生やビジネス・投資などに易占いを活かすのであればプロの占い師に見てもらうことをおすすめしています。

関連のおすすめ記事