60.水沢節(すいたくせつ):易占い六十四掛の意味

60.水沢節(すいたくせつ):易占い六十四掛の意味

易占いの六十四掛のうち、坎(水)の掛である60番の「水沢節(すいたくせつ)」の意味をお伝えします。

まず先に掛辞や象伝などの基礎を記載しますが、意味だけ知りたいという方は「意味」のところまで読み飛ばすかこちらをクリック(タップ)してください。

基礎知識としてオススメの記事

水沢節(すいたくせつ)の基礎

水沢節(すいたくせつ)の基礎

水沢節の基礎として、掛辞・象伝・爻位(掛)の3つを説明していきます。

これは易占いの基礎の構成です。他の掛でも同様に基礎として紹介しているので、気になる人はこちらから他の掛もチェックしてみてください。

掛辞

節は亨る。苦節貞くする可からず
読み:せつはとおる。くせつかたくするべからず

程々に節度のある状態を保ちながら物事を進めれば調和した良い結果になっていく」という意味があります。

程々で調和した状態というのはいわゆる中庸という考え方です。この中庸が中国の思想や易経ではとても重要になります。原理原則のうちのひとつと言っても過言ではありません。

この掛では中庸の状態が今は最もベストであることを伝えています。

象伝

沢の上に水が有るは、節なり。君子以って数度を制し、徳行を議るべし
読み:さわのうえにみずがあるは、せつなり。くんしもってすうどをせいし、とくぎょうをはかるべし

象伝は「自分のレベルに合わせた節度を守り、礼節を大切にしながら人徳を磨く時」という意味があります。

自分の程度やレベルに合わせた仕事の仕方・生活の仕方・お金の使い方、その他全てで範疇を超えないように生活するのが大切な時です。そのようにすることで、程々の生活が成り立ちます。

そして、その生活を送りながら勉強をしたり社会に貢献したりしていくことで平穏・平安が守られていくのです。

各爻位

  • 初爻:自分の範疇・範囲を超えなければ問題ありません。
  • 二爻:外に出るべき時に自分の殻にこもっている状況です。運勢的に凶です。
  • 三爻:節度を守るべき時。度が過ぎている状態なので改めるようにしましょう。
  • 四爻:節度を守れば願いは叶うでしょう。
  • 五爻:節度を守りながら無理せず楽しめる時です。その状態で積極的に行動すると尊敬が得られるでしょう。
  • 上爻:厳しくし過ぎた節度を守ろうとしていて凶。ただ守らないよりは良いです。

水沢節(すいたくせつ)の意味

水沢節(すいたくせつ)の意味

次は水沢節の意味を説明していきます。

ここで説明していく意味とは、全体を通した大まかな意味と占いゴト(占的)の運勢についての解説です。大義でお伝えするので、自分で占った時などに役立ててください。

大まかな意味

身動きが取れなかったり、足止めされたりする出来事が多くなります。今は積極的に動くべき時ではなく、自分のできる範囲で程々にしておく時です。無理はしないようにしましょう。

また、健康に陰りがあるかもしれません。ビジネスでは資金繰りなどお金周りでうまく行かないことがありそうです。

簡単な運勢

次に簡単な運勢の説明です。下記の一覧を参考にしてください。

願いごとやビジネス・仕事運・投資の運勢

  • 占的:ほどほどにしていれば叶います。高望みをすると叶いません。
  • ビジネス:節度を守ればそこそこ成功します。
  • 投資:良くも悪くもないです。
  • 就職:ご縁がないわけではありませんが、すぐに決まることはないでしょう。
  • 開業:今は開業の時期ではありません。時期を待ちましょう。
  • 転職:しばらくご縁がありません。今は転職活動をしない方が良いです。
  • 方角:北、西
  • 色:ピンク、黄色

水沢節(すいたくせつ)の時は何事も程々がベスト

水沢節の時は、何事も程々がベストです。無理をせず、自分で抱えられる範囲で物事をこなしましょう。また、中庸…簡単に言うと調和された状態を意識すると良いです。心がけて生活してみてください。

水沢節が出た時に限らず、易占いで人生やビジネス・投資などをより良く進めたいのであればプロの占い師にみてもらうことをお勧めします。易経について熟知した占い師の的確なアドバイスがあなたの人生をより良くしてくれるはずです。

関連のおすすめ記事