38.火沢睽(かたくけい):易占い六十四掛の意味

38.火沢睽(かたくけい):易占い六十四掛の意味

易占いの六十四掛のうち、離(火)の掛である38番の「火沢睽(かたくけい)」の意味をお伝えします。

まず先に掛辞や象伝などの基礎を記載しますが、意味だけ知りたいという方は「意味」のところまで読み飛ばすかこちらをクリック(タップ)してください。

基礎知識としてオススメの記事

火沢睽(かたくけい)の基礎

火沢睽(かたくけい)の基礎

この記事では火沢睽の基礎を、易を構成する掛辞・象伝・爻位(掛)の簡易的な内容で示していきます。

本来の掛辞・象伝・爻位は初心者には難しく、学んでいくうちに読み取れるようになっていきます。ただ、そこまで学ぶのであれば、人生や恋愛・ビジネスや投資など優先度が高い物事を進めた方がずっと有意義です。

そのため、ここでは掛辞・象伝・爻位の大枠をお伝えします。

掛辞

睽は、小事には吉なり
読み:けいは、しょううじにはきちなり

小さなことならどうにかなる=叶う」という意味があります。

一般的に火沢睽は相反する掛です。本当はしないといけない・そうではないといけないと分かっていても気持ちとしてやりたくないことは誰しもあります。そのような時に、何かをしようとするとすると小さな物事しか達成できません。

そのため、大きな物事ではなく、小さな物事なら叶うとされているのです。

象伝

火を上にし沢を下にするは、睽なり。君子以って同じくして而して異なるべし
読み:ひをうえにしさわをしたにするは、けいなり。くんしもっておなじくしてしこうしてことなるべし

同じ方向を目指してはいるが、対局する考え方になっている」という意味です。

火沢睽は相反する物事を指し示す掛です。目的は一緒でも自分が置かれている立場や環境で考え方は異なります。関わっている人たち・仲間・チーム…所属しているグループ内でそのような状況が起きるため、それぞれの立場や環境・仕事などを細かく見て理解していく姿勢が大切になります。

各爻位

  • 初爻:後悔する必要はありません。失った物事は必然的に戻ってくるでしょう。
  • 二爻:偶然、自分より偉い人に出会うかもしれませんが、問題ありません。
  • 三爻:非常に辛い目に遭いますが、最終的に願いは叶います。
  • 四爻:反発して孤立しますが、偉い人に出会って誠意が通じます。危ない橋を渡っているような状況ですが問題ありません。
  • 五爻:何も後悔することはありません。物事を進めても大丈夫です。
  • 上爻:非常に嫌なものがやってきますが、それは自分に対して非常に好意的です。わだかまりは水に流すと良いです。

火沢睽(かたくけい)の意味

火沢睽(かたくけい)の意味

では次に火沢睽の意味について説明していきます。大まかな意味と占いごと(占的)の運勢をぞれぞれお伝えしていくので、自分で占った時などの参考にしてみてください。

大まかな意味

火沢睽は反発が多く、衝突を示す掛です。無理に妥協したりコミュニケーションを取ろうとすると失敗します。

相手の立場を良く理解し、人は人、自分は自分と線引きをすると良いです。

簡単な運勢

次に簡単な運勢の説明です。下記の一覧を参考にしてください。

願いごとやビジネス・仕事運・投資の運勢

  • 占的:大きなことよりも小さな願いごとの方が叶いやすいです。
  • ビジネス:あまりお金がかからないビジネスが良いです。
  • 投資:あまり良くありません。
  • 就職:ご縁が中々ないでしょう。
  • 開業:見合わせた方が良いです。
  • 転職:今は転職するべきタイミングではありません。
  • 方角:西、南
  • 色:黄、緑

火沢睽(かたくけい)は反発・衝突の掛

火沢睽は反発・衝突を示す掛です。この掛では大変なことや辛いことがありますが、実はその相手やチーム・部署は自分と同じ目的で進んでいるとされています。自他の境界をしっかりと引きつつ、相手の立場を理解する姿勢を見せましょう。

今回は火沢睽について解説してきましたが、正直な話、この解説だけでは皆さんが人生やビジネス・投資に活かすには不十分な情報です。理由は、私が趣味で学んだことのほんの一部しかお伝えしていないからです。易占いは非常に奥が深くて、皆さんにお伝えしようと思うと膨大な量になってしまいます。

その知識を皆さんが詰め込んで、実践に活かすとなると時間が勿体無いなと感じています。だから表面的な部分をお伝えして、ちょっとした内容はここを参考にして、本当に望むものがある場合は具体的なアドバイスがもらえるプロの占い師に見てもらうと良いのかな、と思います。

関連のおすすめ記事