自分で易占いをする方法【人生や恋愛・仕事やビジネス・投資など】

自分で易占いをする方法【人生や恋愛・仕事やビジネス・投資など】

プロにみてもらうほどのことではなかったり、すぐに知りたいことがあったりすることってありますよね。そんな時には自分で簡単な易占いができると便利です。

この記事では自分で易占いをする方法についてお伝えしていきます。

基礎知識としてオススメの記事

自分で易占いをする方法

自分で占う方法

易占いにはいくつか方法があり、占い師によって使う手法が異なります。しかし、いずれも道具が必要になるため自分で占いをしたいと思った時に手軽にできないものばかりです。

そこで、コインを使って占う方法を紹介したいと思います。

コインを6枚使って占う方法

まずコインを6枚用意してください。コインは10円や100円玉など通貨を利用しても大丈夫です。ポピュラーなのはサイズもちょうど良い10円玉6枚です。

用意したら、まず心を落ち着けます。深呼吸をしたりゆったりと目を閉じるのも良いでしょう。その後、占いたいことを心にしっかりと思い描きながら、両手でコイン6枚を挟み込みます。上下によく振って、「ここだ」とピンと来たタイミングで止めます。

片手でコインを掌の上で重ねたら、手前から奥に向かって順番に並べていきます。

この裏表の結果で内容をみていくのです。結果の見方はこちらの記事で解説しています。

コイン6枚で占う方法まとめ

  1. まず心を落ち着ける(深呼吸や軽い瞑想など)
  2. 占うことを思い描きながら両手でコイン6枚を包み込む
  3. 振る
  4. ここだと思ったら止める
  5. 片手でコイン6枚を重ねる
  6. 手前から奥に向かって一列に並べる
  7. 奥から順番に裏表の結果を見る

コイン1枚で占う方法

例えば、10円玉が6枚なかったら1枚で占うことも可能です。1枚しかないため、同じことを6回集中して占わないといけないデメリットもありますが、コイン1枚で良いと言う手軽さがあります。

コイン1枚の場合も6枚の時とほぼ変わりません。心を落ち着けたら、コインを両手で包み込み占いたいことを描きながら振ります。良いと思ったタイミングで止め、出た面をそのままテーブルに起きます。これが初爻になります。

この流れを6回繰り返し、最後に出たコインの結果から最初のコインの結果の順番で裏表を組み合わせていきます。

例えば、最初:裏・2回目:裏・3回目:表・4回目:裏・5回目:表・6回目表なら、結果は「表表裏表裏裏」です。

コイン1枚で占う方法まとめ

  1. まず心を落ち着ける(深呼吸や軽い瞑想など)
  2. 占うことを思い描きながら両手でコインを包み込む
  3. 振る
  4. ここだと思ったら止める
  5. 出た面をそのまテーブルに置く
  6. 6回繰り返す
  7. 最後に出たコインの結果から1回目の順番で結果を見ていく

自分で易占いをする時の注意点

注意点

自分で易占いをするのはとても手軽です。初心者や占いに馴染みが無い人にとって、簡単であることはとても良いことですし、すぐに結果が分かるのも嬉しいことです。

ただ、占いをするにあたって注意すべきこともあります。とは言っても、しなければ厄災が降りかかるとか絶対にダメと言う訳ではありません。

易占いの結果を通して、恋愛や人生、ビジネス・投資などを成功させるためのアドバイスの精度を上げるために意識すべきことだと思ってください。

占うことを明確にする

まず、占うことを明確にすることです。

例えば、あなたが「お金について教えて欲しいです」といわれたらお金の何を教えれば良いかわかりませんよね?それと同じで、占いゴトは明確に答えられるような内容が良いです。

例えば、恋愛なら「良い人に出会える時期」。お金なら「投資先のジャンル」などです。

そう言われてもピンと来ないという場合は、自分がその質問をされたらちゃんと答えられるかを基準に考えてみましょう。自分がしっかり答えられないことは、占いでも明確な答えがかえってこないものです。

自分の望む回答を求めない

易占いをはじめ、どのような占いも自分の望む結果が出るとは限りません。「絶対こうなって欲しい」「こういう結果が出て欲しい」というのは、正確な占いの回答を得られなくなってしまいます。

特に自分で占う時は個人の主観が入りやすくなるため、良い答えを望むせいで結果を歪めてしまい兼ねないのです。

自分のことであっても占う時は客観的に占うようにしましょう。

同じ質問を短期間で何度もしない

易占いでうまく読むことができなかったり、自分の望む回答ではなかったりした時にしてしまいがちなのが同じ質問を短時間で何度もしてしまうことです。

特に易占いの結果は森羅万象・自然摂理の法則を大切にしています。偶然の結果は必然なのです。

何が言いたいかというと、最初に出た結果が今のあなたに対するアドバイスであるということです。それを望まない結果だからと言って何度も質問するということは否定していることに繋がります。

もしするとしても、半日や1日以上はおいてからしましょう。なお、期間に関する質問については数日〜数週間程度空けた方が良いという意見もあるため、参考にしてみてください。

易占いは自分とプロの使い分けがおすすめ

この記事では、易占いを自分で簡単にする方法を紹介しました。コインを使う方法なのでとてもシンプルです。

ただ、シンプルだからこそセルフで見るのには限界があります。どうしても詳しく知りたければ勉強や経験が必要になりますし、時間もかかります。

そのため、簡単に知りたい・軽い気持ちで知りたいことは自分で占ってみる。重要なことや自分で占うのが不安なことはプロに易占いをしてもらうという使い分けがおすすめです。