52.艮為山(ごんいさん):易占い六十四掛の意味

52.艮為山(ごんいさん):易占い六十四掛の意味

易占いの六十四掛のうち、艮(山)の掛である52番の「艮為山(ごんいさん)」の意味をお伝えします。

まず先に掛辞や象伝などの基礎を記載しますが、意味だけ知りたいという方は「意味」のところまで読み飛ばすかこちらをクリック(タップ)してください。

基礎知識としてオススメの記事

艮為山(ごんいさん)の基礎

艮為山(ごんいさん)の基礎

艮為山の基礎として、掛辞・象伝・爻位(掛)の3つを説明していきます。

これは易占いの基礎の構成です。他の掛でも同様に基礎として紹介しているので、気になる人はこちらから他の掛もチェックしてみてください。

掛辞

其の背に艮まり、其の身を獲ず。其の庭に行きても其の人を見ざれば咎无し
読み:そのせにとどまり、そのみをえず。そのにわにいきてもそのひとをみざればとがなし

忙しく動いていたら物事の本質が見えなくなってしまい、欲がありすぎれば身を滅ぼし、翻弄される。欲を断ち切り静かにしていれば過失になることはない」という意味があります。

落ち着きがなく動き続けていると、物事の本質が見えなくなってしまいます。すると誤った方向に進んだり、トラブルになったりします。

本質どころかトラブルに関しては、様々な欲が原因で起きてしまうことが多々あります。そのようにならないためには欲を出しすぎない方が良いのです。

象伝

兼せたる山あるは艮なり。君子以って思うこと位を出でず
読み:あわせたるやまあるはごんなり。くんしもっておもうことくらいをいでず

象伝は「山のように構え、広く人のことを見て妄想せず客観的に動くべき」という意味です。

妄想は人のことを惑わし、正しい判断ができなくなります。特にビジネスや投資、仕事においては自分自身だけではなく、他者の力量・地位など様々なことを見なくてはいけません。それにも関わらず「あの人は~だから」「~と思っているかもしれない」という妄想で行動してしまうと、本来できるはずのことができずに目的・目標が迷走してしまうのです。

そうならないためにも、山のように構えて人のことを全体・客観的に見ることは重要と言えます。

各爻位

  • 初爻:足が止まって動けない状況です。自分の立場を守っていれば問題ありません。
  • 二爻:妄動するせいで意見を言いますが聞いてくれません。不愉快な状態が続きます。
  • 三爻:無理に動こうとするとかなり悪い状態になります。身も心も非常に辛くなるでしょう。
  • 四爻:積極的ではなく消極的な感じを意識すれば問題ありません。
  • 五爻:言葉に慎みを持ち、正しい言葉を使うなら悔いることはないでしょう。
  • 上爻:止まるべきところに止まれば吉です。

艮為山(ごんいさん)の意味

意味

次は易占いの52番目の掛である艮為山の意味を説明していきます。

大まかな意味

今は動かずにいましょう。どっしりと構えるイメージが近いかもしれません。

広く客観的に物事を見たり、全体を捉えたりすると良いです。妄想や思い込みはNGな時。改革や進める意識ではなく「守る」気持ちでいることが大切です。

また、コツコツ積み重ねるのが良い時です。我慢が重要になります。

簡単な運勢

次に簡単な運勢の説明です。下記の一覧を参考にしてください。

願いごとやビジネス・仕事運・投資の運勢

  • 占的:願い事は暫く叶いません。
  • ビジネス:色々思うように捗りません。一旦進むのを止めて方針や体制を立て直しましょう。
  • 投資:暫く価値は均衡します。
  • 就職:ご縁がありません。暫く待つのが無難です。
  • 開業:トラブルや困難が多いです。暫く開業は見合わせた方が良いです。
  • 転職:トラブルなどがありご縁がありません。転職活動は暫く見合わせることをお勧めします。
  • 方角:東北
  • 色:白

艮為山(ごんいさん)の時はどっしりと構えて客観的に全体を見る

艮為山の時は、積極的に物事を進めるのが良い掛ではありません。どっしりと構えて全体を客観的に見て、誰が何をすべきか、自分は何をしたら良いかを考えるべき時でもあります。そのことを意識しておきましょう。

ここでは易経の艮為山について簡単に説明してきました。易占いは自分で占うこともできますが、より明確な回答・アドバイスを求めるならプロの占い師にみてもらうことをお勧めします。

占いをする時、例えば手相占いや占星術などといったものは皆さんも本を読んだり、プロの占い師にみてもらったりすることが多いのではないでしょうか。それと同じで易占いもプロにみてもらうことで正確性が増します。

易経は歴史上の偉人や有名なビジネスパーソンも易経を取り入れているほどです。人生やビジネス・投資や恋愛など様々なことで悩んでいるなら、ぜひ検討してみてください。

関連のおすすめ記事