37.風火家人(ふうかかじん):易占い六十四掛の意味

37.風火家人(ふうかかじん):易占い六十四掛の意味

易占いの六十四掛のうち、巽(風)の掛である37番の「風火家人(ふうかかじん)」の意味をお伝えします。

まず先に掛辞や象伝などの基礎を記載しますが、意味だけ知りたいという方は「意味」のところまで読み飛ばすかこちらをクリック(タップ)してください。

基礎知識としてオススメの記事

風火家人(ふうかかじん)の基礎

風火家人(ふうかかじん)の基礎

この項目では風火家人の基礎として、掛辞・象伝・爻位(掛)の3つを説明していきます。

これは易占いの基礎の構成です。他の掛でも同様に基礎として紹介しているので、気になる人はこちらから他の掛もチェックしてみてください。

掛辞

家人は、女の貞しきに利ろし
読み:かじんは、おんなのただしきによろし

自分の立場から役割を果たし、それぞれがそのようになるように支え合うと良い」という意味があります。

掛辞からわかるように、家庭は女性に従った方が良いというのが直訳です。ただその背景を紐解くと、説明したような意味になります。

この掛が出たらそれぞれが成り立つように自分の役割を果たし、お互いを助け合って行くことを意識しましょう。

象伝

風火自り出ずるは、家人なり。君子以って言うこと物有り。而して行い恒有るべし
読み:かぜひよりいずるは、かじんなり。くんしもっていうことものあり。しこうしておこないつねあるべし

礼節を大切にしてルールを守り、お互いの思いやり・誠意を大切にして行動すること」という意味です。

家の話しをメインに説いてる掛なので、家のルールを決める最たる家長(いわゆる旦那・夫・父)に敬意を持って従うことが大切だという意味ではあります。ただ、その信頼関係も家長はもちろん、嫁や子供、全員が思いやりと誠意があることで成り立ちます。

これを家庭だけではなく仕事や投資などにも当てはめて見ると、赤文字で説明したような意味になるのです。

各爻位

  • 初爻:自分の領分が乱れないように努めましょう。そうすれば吉です。
  • 二爻:我を通さず、自分のすべきことを怠らないようにしてください。この時は従順であるようにしましょう。
  • 三爻:自分の担当区分で人に対して厳し過ぎると良くありません。振り返ってみて反省しましょう。ただ、反対に緩み過ぎもNGです。
  • 四爻:自分の領分に精を出せば栄えます。また、家事に精を出すと家庭が栄えてとても良いです。
  • 五爻:トップがトップらしく存在してくれます。何も心配することはありません。
  • 上爻:誠意があり、威厳があれば物事が良く進みます。

風火家人(ふうかかじん)の意味

風火家人(ふうかかじん)の意味

風火家人は相手に対する礼節や思いやり、和合の気持ちが大切な掛です。そのため、我を通さず自分の立場を保ちながら周囲と調和することを心がけましょう。

では、早速風火家人の意味を説明していきます。

大まかな意味

堅実な掛なので、拡大すると言うよりは守るタイプです。

外交的にせず、手広くやろうとせず、身近な人や家庭・社内・仲間を大切にしてください。誠意や信頼などいわゆる道徳的なことが重要になります。

なお副業や不倫をすると悪い方向に進みやすくなります。

簡単な運勢

次に簡単な運勢の説明です。下記の一覧を参考にしてください。

願いごとやビジネス・仕事運・投資の運勢

  • 占的:小さな物事なら叶います。
  • ビジネス:順調に進みます。堅実に仕事に取り組みましょう。
  • 投資:投資後、非常に緩やかな上り調子になります。
  • 就職:ご縁があります。ひとつひとつを大切にしてください。
  • 開業:開業に良いタイミングです。
  • 転職:転職に良い時期です。進めて問題ありません。
  • 方角:東南、南
  • 色:ピンク、緑

風火家人(ふうかかじん)の時は調和と誠意を大切にする

繰り返しになりますが風火家人の時は、自己主張をしすぎず全体との調和や誠意・お互いを思いやる心を大切にするようにしましょう。それがこの掛が出た時に最も上手くいく方法になります。

今回は風火家人について説明してきました。このサイトでは、本格的なアドバイスや意味はプロに聞くことをお勧めしています。なぜなら、易経はは歴史が長く、統計学として成り立つほど完成された占いだからです。本格的な説明は趣味で易占いを始めた私ではできません。

そのため人生やビジネス・投資などに易経を活かすなら、いちから全てを学ぶのではなくプロに見てもらうと良いです。成功を手にするために、ぜひ検討してみてください。

関連のおすすめ記事