58.兌為沢(だいたく):易占い六十四掛の意味

58.兌為沢(だいたく):易占い六十四掛の意味

易占いの六十四掛のうち、兌(沢)の掛である58番の「兌為沢(だいたく)」の意味をお伝えします。

まず先に掛辞や象伝などの基礎を記載しますが、意味だけ知りたいという方は「意味」のところまで読み飛ばすかこちらをクリック(タップ)してください。

基礎知識としてオススメの記事

兌為沢(だいたく)の基礎

兌為沢(だいたく)の基礎

易は掛辞・象伝・爻位(掛)から構成されています。易占いは結果に対してこの内容を見てアドバイスをもらうのです。

しかし、易占いの初心者やあまり知識がない状態で見てもわかりにくいことがほとんどです。そのため、この項目では簡単な内容を基礎としてお伝えします。

掛辞

兌は亨る。貞しきに利ろし
読み:だはとおる。ただしきによろし

大体のことは人や自分が喜ぶようにすれば、モノゴトは進んでいって成功しないということはない」という意味です。人の気持ち・嬉しいなどの喜びの部分を意識していきましょう。

ただ、上手く進むとか大成功というような意味を持ってはいません。普通な感じで成功する・上手く行くという意味合いを持っています。

象伝

麗ける沢あるは、兌なり。君子以って朋友講習す
読み:つけるさわあるは、だなり。くんしもってほうゆうこうしゅうす

とてもざっくりになるのですが、兌為沢は「ひとつの目標に対して切磋琢磨し、お互いを高め合うことで物事はより良くなる」という意味です。

また、象伝の中では国の喜びを自分の喜びにできる人は心理や信義を大切にするとも伝えています。そのことから、目標の成功を自分の喜びとできる人と共に行動すると良いという意味も持っています。

各爻位

  • 初爻:人と調和することで嬉しい状況となります。
  • 二爻:誠心誠意を持って人と接することでお互いにとって良い出来事があるでしょう。悔いもなくなります。
  • 三爻:寄って来るものごと・宇合する人を快く受け入れましょう。
  • 四爻:選択肢に悩んでいる状態。悪いものをなくしていくことで、いずれ良いことが起きます。
  • 五爻:自分に対して悪意がある人でも誠意で接してください。ただ、そのせいでピンチがやって来る場合もありますが大丈夫です。
  • 上爻:言葉巧みに相手の機嫌を取って仲間にすると良いことがありそうです。また、志しが低い状態になっているので意識の立て直しをすると良いでしょう。

兌為沢(だいたく)の意味

兌為沢(だいたく)の意味

では次に兌為沢の意味について説明していきます。大まかな意味と占いごと(占的)の運勢をぞれぞれお伝えしていくので、自分で占った時などの参考にしてみてください。

大まかな意味

人を喜ばせるビジネスや行動が良い結果を招きます。すごく良いというよりは、悪いこと・トラブルなどがなくスムーズに進んでいくようなイメージです。

好奇心が向くことを優先しても良いですが、楽・快楽の方向に走りすぎると失敗したり運勢が傾いたりしていくのでほどほどに。

簡単な運勢

次に簡単な運勢の説明です。下記の一覧を参考にしてください。

願いごとやビジネス・仕事運・投資の運勢

  • 占的:大体の願いごとは叶います。ただし高望みすると叶いません。
  • ビジネス:ほどほどに利益が上がります。
  • 投資:景気が良い状態が続くでしょう。
  • 就職:今はうまく行く時です。
  • 開業:開業に良いタイミングです。
  • 転職:悪くないのですが、自宅から近い場所だとなお良いです。
  • 方角:西
  • 色:黄色

兌為沢(だいたく)の時は人・自分のことを大切に

兌為沢は人や自分を喜ばせることが大切な掛です。喜ばせると言うと少し難しいのですが、イメージとしては仕事をするときにちょっと困ったことを率先してやっておく、職場の環境に花を一輪飾って明るい雰囲気にするなどさり気ないことでも良いのです。喜ばせると言うよりは、大切にするといった方がしっくり来るかもしれません。

ここでは易占いの兌為沢について解説してきましたが、私が好きで学んできたことをざっくりと書いただけです。より具体的な意味やアドバイスを望むなら、プロの占い師にみてもらってアドバイスをもらうことをおすすめします。

関連のおすすめ記事