易占いの六十四掛とは?基礎と一覧表

易占いの六十四掛とは?基礎と一覧表

こちらの記事では八掛や爻位(こうい)について解説しましたが、これは易経の基礎であり、現代で見られる占いは六十四掛(ろくじゅうよんけ・ろくじゅうしけ)です。

易占いを人生やビジネス・投資で活かすのであれば、六十四掛についても基礎を知っておくことをお勧めします。

関連記事

易占いの六十四掛とは?

六十四掛とは?

中国の統計学を脈々と受け継いできた易経は、単に占いではなく学問として成り立っており、中国では大学に専攻があるほどです。その易占いの基礎とも言える六十四掛について解説していきます。

六十四掛は易占いの何なのか

易占い・易経は、経と伝から成り立ち、その意味の大半を占めるのは経です。そしてその経の中の大部分を担っているのは、中国の陰陽を元に事象を示す六十四の卦(か)です。

この卦を構成するのが6本の爻位(こうい)で、その卦全体の意味を記したものが卦辞(かじ)と言います。言葉だけだとわかりにくいので、下図を見てください。

易経の六十四掛の説明

六十四掛は、易占い・易経の大部分を占め、なくてはならない存在…むしろ易経の中の主人公とも言える立ち位置にいるのです。(最も本当の主人公は占われる人ですが)

元々は自然と人生などを8つに分けた八掛で占っていました。でも、考えてみてください。物事を8つで占うにはあまりにもざっくりしていると思いませんか?

昔の中国の人たちも同じことを考え、八掛×八掛=六十四掛で見ることにより、詳細な占術ができるようになったのです。これを大成六十四掛(たいせいろくじゅうよんか)と言います。

六十四掛一覧表

六十四掛一覧

最後に六十四掛の一覧表を記載します。一般的な表とは違い、右からみていきます。

爻位の構成:上掛(外卦)・下掛(内卦)・八掛の基礎でも解説した通り、6本の横線は上3本・下3本に別れており、上の八卦を上卦(外卦)、下の三爻は下卦(内卦)と呼びます。

表もそれにならって、横が上掛・縦が下掛で並んでいます。

坤(地)艮(山)坎(水) 巽(風)震(雷)離(火)兌(沢)乾(天)←上卦
↓下卦
11.
地天泰
26.
山天大畜
5.
水天需
9.
風天小畜
34.
雷天大壮
14.
火天大有
43.
沢天夬
1.
乾為天
乾(天)
19.
地沢臨
41.
山沢損
60.
水沢節
61.
風沢中孚
54.
雷沢帰妹
38.
火沢睽
58.
兌為沢
10.
天沢履
兌(沢)
36.
地火明夷
22.
山火賁
63.
水火既済
37.
風火家人
55.
雷火豊
30.
離為火
49.
沢火革
13.
天火同人
離(火)
24.
地雷復
27.
山雷頤
3.
水雷屯
42.
風雷益
51.
震為雷
21.
火雷噬嗑
17.
沢雷随
25.
天雷无妄
震(雷)
46.
地風升
18.
山風蠱
48.
水風井
57.
巽為風
32.
雷風恒
50.
火風鼎
28.
沢風大過
44.
天風姤
巽(風)
7.
地水師
4.
山水蒙
29.
坎為水
59.
風水渙
40.
雷水解
64.
火水未済
47.
沢水困
6.
天水訟
坎(水)
15.
地山謙
52.
艮為山
39.
水山蹇
53.
風山漸
62.
雷山小過
56.
火山旅
31.
沢山咸
33.
天山遯
艮(山)
2.
坤為地
23.
山地剥
8.
水地比
20.
風地観
16.
雷地豫
35.
火地晋
45.
沢地萃
12.
天地否
坤(地)

基本を学んでも奥が深い易占い

今回は易占いの基礎である六十四掛について解説しました。このサイトでは今後六十四掛の解説もしていきます。そのため、基本的な意味を理解することができますし、自分の生活の中に役立てることもできるようになるでしょう。

しかし、基本を学んでも奥が深いのが易占いです。様々なことを捉えて読み解く易経は、長年の経験で培った技術が必要になります。

そのことを考えると、基本を知りつつもプロに見てもらうのがベストだと私は考えています。